機能面や編集のしやすさに特徴がある

クラウド型の通販サイトは導入面に特徴があるだけでなく、機能や使いやすさにも特徴を備えています。機能面としてはストレージ拡張性の柔軟性や高さです。基本的にホスティングサービスで構築する時は契約プランによって使うことができるストレージ容量が決まっています。もし容量が足りないということになればプランの契約をし直さなければなりません。

一方でクラウド型であれば課金やプラン変更をすればそのままの状態で容量を拡張することができます。実際に通販サイトにおいては売りたい商品を次々に登録することになります。そのため、写真なども活用するため、容量オーバーになる可能性もあります。また、基本的に通販サイトではログイン登録をして購入をしてもらうのが一般的で、新規登録をするとその分の容量を消費します。クラウド型であればストレージの拡張をホスティングサービスよりも簡単に行うことができるため、魅力を感じる人も多いです。使いやすさとしてはスマホからもアクセスができる点です。レスポンシブな環境で構築ができるので、その点も特徴の一つです。

このようにオンライン環境があればどこからでもアクセスが見込める、拡張性が高いという特徴があるので、通販サイト構築を検討している方に選ばれやすいサービスの一つです。

導入面に特徴がある

クラウド型の通販サイトの特徴として挙げられるのが導入コストが安いまたはかからない、導入が早く行えるという特徴があります。また、ランニングコストの安さも特徴の一つです。基本的に通販サイトを立ち上げるために初期費用を支払っている企業は多くいます。サービスによってどのぐらいの頻度で支払いをしなければならないのかは異なりますが、月額でサービス料を支払うところも多いです。契約をする時はそれに加えて初期費用がかかるので、月額費用よりも余分に費用を支払わなければなりません。しかし、クラウド型の通販サイトでは初期費用は少ないまたはかからないので安く構築ができる可能性があります。(推奨リンク→ECサイト構築専門業者:MODD

また、クラウド型であればアカウントを作成して支払いが完了すればその日から利用することも可能です。ホスティングサービスの中には契約をしても利用を開始するまでに数時間必要な時もあります。クラウド型であればすぐに始められるので、契約をした日から売りたい商品を登録することも可能です。

ランニングコストとは先程触れた月額料金になります。月額料金は毎月必要になるため、なるべく安く抑えたいという方はクラウド型の特徴を活かして通販サイトを選択する人も多いです。

クラウド型の通販サイト構築サービスの特徴

従来においてはホスティングサービスを利用して通販サイトの構築を行う法人や個人が多くいました。しかし、現在ではクラウド型の台頭によって通販サイトも変化しています。通販サイトはECサイトとも呼ばれ主にショッピングができるサイトを構築することです。ショッピングサイトは既に日本では馴染み深いサービスの一つで、実際にショップに足を運ばなくても購入ができる、接続端末が限られないという利点が存在しています。スマホの普及によってスマホからアクセスして購入する方も少なくないです。そのため、既にショップを開いている方が通販サイトを立ち上げる人や、新規事業として洋服や雑貨を売るために通販サイト構築を行う人は増えています。

通販サイトは将来的にも需要が見込まれており、実際に宅配サービスを手掛ける会社の中には人員増員を行っているところもあります。このように通販サイトが注目される機会は非常に多いですが、構築をするためには誰もがアクセスできるサーバーを構築しなければなりません。サーバーを構築することでインターネットサービスとして公開をして購入者を集うことができます。また、一から構築する人は少なく、サービスを利用して構築を簡単にする人も多くいます。

サービスにはクラウド型などが現在では注目されており、ホスティングサービスよりも選ばれる機会が多くなっています。ではクラウド型の通販サイトにはどのような特徴が存在するのでしょうか。